オーガニック粉ミルクが安全と言われる3つの理由

母乳に近い

【オーガニック粉ミルクとは】

オーガニック粉ミルクは国に承認を受けた有機原料のみを使って作られており、この点が従来の粉ミルクとの決定的な違いとなります。

【人工添加物が一切含まれていません】

オーガニック粉ミルクは一切人工添加物を含んでいません。それだけに、間違いなく従来の粉ミルクよりも健康的であるといえるのです。多くの赤ちゃんの体は人工的な成分に対して敏感で、このことが原因で様々なアレルギーを発症することもあります。

【母乳に近いと言われるわけ】

オーガニック粉ミルクは一切の人工添加物、特に人工甘味料を使用せず、より母乳に近い成分で作られています。したがって、従来の粉ミルクよりも消化がしやすく(お通じがよくなります)、この点も母乳に近い粉ミルクと言われる理由となっています。

【遺伝子組み換え作物が一切含まれていません】

オーガニック粉ミルクを名乗れる条件として、有機原料を使用しているだけでなく、遺伝子組み換え作物を一切含んではならないという点も見逃せません。これによって、赤ちゃんが健康に害のある化学物質を体に摂取する心配は一切なくなります。

このようにオーガニック粉ミルクの特徴を理解したうえで、ご自分の赤ちゃんに与えるべき粉ミルク選びについてご家族でご相談されることをおすすめいたします。

 


新着順


コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

JPN
JPN