ヨーロッパのオーガニック粉ミルクがおすすめな理由

多くのママが共通して悩むこと。

それはきっとこれから生まれてくる、または生まれたばかりの赤ちゃんに与える粉ミルク選びではないでしょうか。口に入れるものであり、成長に直接関わってくるものですから、一切の妥協が許されないからこそ悩みますよね。

【どこの粉ミルクが一番安全なのか…】

安全という点では、一般的に、オーガニック粉ミルクは安全といわれています。ただ、一言にオーガニックと言っても、日本、アメリカ、、オーストラリア、ヨーロッパではそれぞれの国と地域でオーガニックの基準が異なります。

では、どこのオーガニックが一番安全なのか…

オーガニック先進国といわれているアメリカとヨーロッパで比較してみると、多くの人がヨーロッパのオーガニックを推奨します。

なぜでしょうか?

ヨーロッパのオーガニック基準は非常に厳しい

たとえば、スクロース(ショ糖)、カラギナン(とろみをつける増粘剤)、リコピン(トマトで有名)やルテイン(ほうれん草やケールに含まれる)などのアメリカのオーガニック基準では認められている成分の混入がヨーロッパの基準では禁止されています。

つまり、本当に安全な原料のみが粉ミルクの成分として認められているのがヨーロッパのオーガニック粉ミルクというわけなのです。

【ヨーロッパ基準よりも厳しいオーガニックがあった】

さらに、その厳しいヨーロッパのオーガニック基準を超えるもっと厳しいオーガニック基準があるのをご存知でしたか?

それがHiPPオーガニック基準です。

HiPPオーガニックシール(HiPP社が独自に発行)は世界最高水準のオーガニック品質を保証するものですので、多くの赤ちゃんにとってベストな選択といえるでしょう。

品質に自信があるからこそ、自分の名前を使った認証を発行することができるのです!

【ヒップ 1 ビオコンビオティック 600g×4箱セット】を見てみる。

 


投稿順 新着順


コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

JPN
JPN